ニュース

30万円支給の条件をわかりやすく解説!自己申請の仕方やいつ支給?

日本国中が新型コロナウイルスの猛威に晒され、未曾有の事態に陥ってます。

マスク2枚配布に続き緊急経済対策第2段として『1世帯あたり30万円の現金給付』をするという話が話題になっています。

この現金給付がついて、気になるのが給付を受けるための条件や自己申請の仕方について。

自分が給付される対象なのかが気になるますよね。

ということで今回は、今話題の現金給付の先生の仕方や給付される条件などについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

1世帯に30万円支給?

出典:NHKNEWS

現金給付について当初、20万円と報じられていたのですが、4月3日の午後に安倍総理は岸和田政調会長と会談をし、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため緊急経済対策で落ち込んだ所得に対し『1世帯あたり30万円』を給付する方針で固まったことが新たに報じられました。

この30万円という金額については、日本の世帯の人数など様々な観点から結論した結果から出た金額で、一定水準まで所得が減った世帯に対し給付すると言われています。

給付される時期についてですが、来週7日にも緊急経済対策を取りまとめるとのことで早々に給付されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

30万円支給の条件をわかりやすく解説!

来週7日に緊急経済対策の取りまとめを行うということで30万円支給の条件について詳細までは明らかになっていませんが、

  • 『非課税所得者』
  • 『一定の水準まで所得が原書した世帯』

となっています。

この、一定の水準という定義は不透明で、だったのですが一部報道によると収入が5割減少した場合と報じられていました。

ですが、よくよく考えてみると、収入の5割減少した世帯がどれだけいるのか?という事です。

実際、計算してみてください。

そんなに収入が5割の減少した世帯はあまり居ないのでは無いのではないでしょうか?

そう考えると、30万円というマスクにくららべてかなり大きい金額を提示しているように思えますが、支給という響きに対してカラクリがある気がします。

新たにわかりやすく改定?

1世帯30万円支給に少し複雑な条件で今回、わかりやすくなりました。

その条件とはこちらです。

世帯主の2月から6月のいずれかの月収が

  • 単身世帯:10万円以下
  • 2人世帯:15万円以下
  • 3人世帯:20万円以下
  • 4人世帯:25万円以下

このいずれかに該当すると給付が受けられます。

これらに該当しなかった世帯でも、『世帯主の2月から6月の月収が2分の1以下』になって世帯主の2月から6月のいずれかの月収が

  • 単身世帯:20万円以下
  • 2人世帯:30万円以下
  • 3人世帯:40万円以下
  • 4人世帯:50万円以下

このいずれかに該当すると給付が受けられます。

この条件になると以前よりか明確になり、支給される世帯が多少増えるのではないでしょうか?

30万円支給の申請の仕方は?

そして申請の仕方ですが、タイトルにあるように自己申請ということで、ある程度の所得のある方や政治の方々などは申請をしないというとのなるのではないかと思われます。

と、いうよりかは政治家などは該当しないと明確に言ってくれてた方が国民感情的には良いのでは無いでしょうか?

では早速、申請の仕方についてですが市(区)役所などに専門の窓口を設けうるのではないかと思っていたのですが、やはり多くの人たちが申請に集中するしクラスター化しないように申請は郵送を基本としているようです。

現在検討中なのは、ネットでの申請も行われると言われています。

個人的には自宅に居ながら安心して行われるので、ネットでの申請の方が良いのではないかと感じました。

スポンサーリンク

 

30万円支給『緊急経済対策の給付』はいつから?

緊急経済対策の取りまとめが4月7日に行われる予定であり、尚且つスピード感を持って対処すると言われています。

そのため、4月の第2週中には何らかの動きが見られ、遅くても4月中頃までには申請が可能になるのではないかと思われます。

仮に緊急経済対策が可決され、4月8日から30万円支給の申請が可能となっても申請をした後に審査が行われ、お持ちの銀行口座に振り込まれる事を考えると1週間ぐらいかかるのではないでしょうか?

ですが緊急経済対策が可決され次第、早々に申請はできるのではないかと思われます。

詳細ない情報については、発表され次第、お届けして参りたいと思います。

世間の反応は

私の知人も『一人頭10万円支給案』が出たときに40万支給と言っていましたが、1世帯30万円支給に変わり、『一人頭75,000円に下がっている』と、嘆いていました。

30万円というサプライズ感を出し多くの安心を得た政府ですが、子育てをして何かとお金がかかる世帯に対しては、支給額が逆に減少している事は気付いているのでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

個人事業主 コロナ助成金の100万円の条件は?給付の時期はいつ?

緊急事態宣言とは?わかりやすく説明!仕事や買い物などはどうなる?

安倍晋三のマスクが小さいと話題に!アベノマスクがトレンドに!

臨時休校と臨時休業の違いは?安倍総理の丸投げに世間の声は?

 

 

 

 

↓良かったらクリックをお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



-ニュース
-, , , , , ,

Copyright© モヤピカブログ , 2020 All Rights Reserved.