エンタメ

志村けんの感染経路を大竹まことがキャバクラと語る!銀座・六本木?

新型コロナウイルスで志村けんさんが亡くなり、日本中が震撼し連日悼む報道がされています。

ですが、一切どの番組でも志村けんさんの感染経路について語られていません。

そこで、大竹まことさんがメインパーソナリティを務めるラジオで感染経路について『キャバクラだろう!?』と語られていました。

実際、志村けんさんと言えば夜の街にリムジンで乗り付けるというイメージもあるため、あながち間違いではないのでは?という声も…。

いったいどのような状況で大竹まことさんは語られたのでしょうか?

ということで今回は、志村けんさんの感染経路についてと、大竹まことさんが語った内容について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

志村けんの感染経路を大竹まことがキャバクラと語る!

3月25日に大竹まことさんがパーソナリティを務める『大竹まこと ゴールデンラジオ』で新型コロナウイルスに陽性反応が出た志村けんさんについてコメントをしていました。

まずは、芸能人という特殊な仕事に関して、意外と接触が多いことや職場が一定の場所というわけではなく、東京以外にも地方に行く事もあれば海外に行く事もあると語っていました。

実際、大竹まことさん自身も月曜日から金曜日の午後1時のラジオを生放送をしていう事で、「この番組だっておんなじ場所に居ても毎日ゲストが来るし。ゲストもスタッフもいるし。それでこの狭いブースの中で一緒に過ごす」と話し「窓つけてくれないかなあ、開かない窓はいっぱいあるんだけどね」と愚痴っていました。

そのため、志村けんさんが新型コロナウイルスで幼生と診断されたとしても意外な感じがしないでもないと言われていました。

その流れで「どこで感染したの、キャバクラ? キャバクラだろう!?」とジョークまじりで話されていました。

その直後に『そんなことを言っちゃいけない』とフォローを入れていたものの、大竹まことさん自身も志村けんさんと同じ年齢で、同じお笑いという土俵で切磋琢磨した中という事もあり、元気付けるために語られたと思われます。

まさか、亡くなるとはその時には日本中で誰一人思っていなかったはずです。

大竹まことさんも志村けんさんが元気になって、第一線に復帰した時に『感染したのはキャバクラだったんだろ?』と笑い話になるはずだったと思われます。

スポンサーリンク

 

志村けんの感染経路は銀座?六本木?

いくらジョークで大竹まことさんがキャバクラだろうと語ったと言っても、志村けんさんの夜遊びは昔から有名な事で知られています。

志村けんさんと言えば麻布十番を拠点に千鳥の大吾さんのような後輩芸人と銀座や六本木をハシゴし最後はクラブなどの女性が接客するお店に立ち寄るのが定番とされています。

関係者も感染経路についてわからないとしており、本当に夜の街が感染経路であればクラスター化する恐れがあると話しています。

しかも、そのことを裏付けるかのように志村けんさんが亡くなれら事が発表された3月30日の20時から小池都知事が緊急会見を開いき、夜の街へ出歩かないようにと自粛を要請をしています。

濃厚接触者に関しては特定されているという事なので、多方感染経路については目星が付いているのかの知れませんね。

大竹まことさんに関しては、本当に知っていて感染経路を暴露したように言われていますが、その真実については語られていないので不明ですが、個人的には先ほどお杖したような感じなのではないかと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

宮藤官九郎の感染経路が特定?濃厚接触者には俳優や芸人も?

今度は脚本家で俳優でもあるクドカンこと『宮藤官九郎さん』が新型コロナウイルスに感染したと31日の夜に大人計画のホームペー ...

続きを見る

志村けん 結婚前提の女性をテレビで告白!馴れ初めと別れた理由は?

志村けんさんと言えば最後の独身貴族と言われ、その独身貴族を貫き通してこの世を去ってしまったのですが、結婚を考えた女性がい ...

続きを見る

志村けんのお別れ会の日程と開催場所は?追悼の声が泣けてくる!

志村けんさんの急な訃報に日本中がショックに包まれています。 そんな中、最後のお別れをしたいというファンの方が多くます。 ...

続きを見る

志村けん 病状悪化で人工心肺装置!なぜこんなに早く亡くなったのか?

出典:https://www.crank-in.net/ 志村けんさんといえば日本一と言っても過言ではないコメディアンで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

 

 

↓良かったらクリックをお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



-エンタメ
-, , , , , ,

Copyright© モヤピカブログ , 2020 All Rights Reserved.